三重県と流木の撤去の立会

度重なる台風と高潮の影響で9月30日に白塚海岸の環境は一変しました。高潮で砂浜の奥にまで大きな流木が打ち上げられたので、三重県とその撤去について、現地で撤去について検討しました。

今回の高潮で流木が大量に砂浜に打ち上げられた海岸は、千代崎海岸・鼓ヶ浦、磯山海岸、中別保海岸、豊津海岸、白塚海岸、町屋海岸、香良洲海岸。でした。四日市や伊勢の方はこれらの海岸に比べるとまだ少なかったと思います。(感想です)重要な事は、良好な砂浜が残っている所に大量の流木が打ち上げられた、ということです。その大量の流木は重機によって処分されました。

白塚海岸は、地域住民の協力もあり、なるべく重機を入れずに砂浜の環境を守ってきました。そのためにも県と自然環境に影響か少ないようにしなければなりません。ぐちゃぐちゃになっては困ります。そのための立会です。

 

海岸堤防の脇にタイヤが3本捨てられていました。撤去をお願いしました。

松が3本枯れていて危ないので伐採をお願いしました。

三重県、ご協力をありがとうございます。