16日 6月 2019
三重大学のウミガメスナメリ調査保全サークル「かめっぷり」さんがクイズ等でウミガメのお話を分かり易くしていただきました。また産卵の時に掘る穴を実際に掘って、その深さを体験したりしました。
19日 5月 2019
原色ドライフラワーの作り方のお話を聞きました シロチドリの繁殖期の為、作業をゴミ拾いと、繁殖に影響のない場所の除草をしました 漂着物を拾いました 外来植物の除草となぜ除草が必要なのかを昆虫の専門家から説明を受けました。カワラハンミョウの巣穴を確認しました...
03日 5月 2019
絶好の甲虫採集日和となりました。小学生を中心に保護者の方等36名の参加がありました。秋田勝己氏の「日本産ゴミムシダマシ大図鑑」の抜粋資料をもとに甲虫の同定をしていました。漂着物に隠れている黒くて似たような虫が多い中、正確な同定ができるようになりました。また来年やりたい観察会。
21日 4月 2019
4月から6月までは、シロチドリが白塚海岸で子育てをします。犬の散歩はリードを付けてください。長い間砂浜で遊ばないでください。少しの間シロチドリに砂浜を貸してください。絶滅危惧種になったシロチドリの子育てにご協力をお願いします。
18日 3月 2019
シロチドリの産卵には、砂浜(裸地)が必要です。そのシロチドリの産卵場所に残ったままの流木の屑を集めました。50ℓのゴミ袋に40袋を集めました。白塚小学校の家族や伊賀の桜丘高校の学生さん、えこねっと津の方が参加してくれました。ありごとうございました。参加者は19名でした。 浜メシはうどん鍋でした。
17日 3月 2019
マイクロプラスチック調査を行いました。 場所選定  1.砂浜中央 2.マイクロプラスチックが溜まりやすい海浜植物がある所  方法  1.50X50㌢ 2.深さ5㌢  3.砂をふるいにかけてマイクロプラスチックを選別 参加人数 4名 その他 調査地点を3箇所予定していましたが、雨が降り出したので、1箇所だけの調査で終わりました。...
16日 3月 2019
お知らせが遅れてすみません。  明日17日午前9時から12時まで海岸清掃を行います。 4月にはシロチドリの繁殖が始まっているのですが、まだまだ昨年の台風と高潮で流木の屑がシロチドリの産卵場所に残っています。昨年からずっと撤去しているのですが、小さなボランティア団体ですから思うように撤去作業がはかどりません。...
14日 3月 2019
NPO交流会には12の団体が参加しました。四日市大学松井副学長による講演の後で白塚の浜を愛する会の活動を発表しました。自然関係の団体は2団体でした。そのことが新鮮で色々な会の方々と交流が出来て非常に面白かったです。これからの活動に活かしていきたいと思います。ありがとうございました。
11日 3月 2019
高松干潟を守ろう会代表の水谷さんに案内をしていただきました。 水谷さんのお話 昨年の台風と高潮で干潟全体に流木が散乱していた。行政に撤去を要望したそうです。干潟の面積が狭くなった。河口の砂浜の形が変化している。と色々なお話を聞くことが出来ました。ありがとうございました。
03日 3月 2019

さらに表示する