2017年8月11日
シロチドリの保護活動を展示しました。
7月の海岸清掃  
①漂着ゴミを拾いました。
②シロチドリの繁殖期が終わるので保護看板の付け替えをしました。
古い看板ご苦労様でした。
かめっぷりさん。
上陸の様子を熱演。わかりやすい!
③アカウミガメの産卵がある時期なので「三重大学ウミガメ・スナメリ調査・保全サークル   かめっぷり」アカウミガメのお話を聞きました。
カメの大きさを計ったりする調査を実演
暑い中海岸清掃に参加していただいた皆さま、お疲れさまでした。そしてありがとうございました。

2017年7月14日
三重県の海岸美化ボランティアから  ゴミ袋・軍手・シャベル等をいただきました。ありがとうございます。
2017年7月14日
うみがめみつけ隊
残念ながらウミガメの上陸跡は見つけられませんでした。
ウミガメを探している途中に、空には虹が二本かかっていました。
シロチドリの親子をみつけました。
ウミガメみつけ隊
2017年7月7日
見つけられませんでした。砂浜には漂着ゴミがいっぱいでした。今月の海岸清掃は頑張るぞぉ!
みなさん   お手伝いをよろしくお願いします。
砂浜に多数のキャタピラの跡がありました。貴重な海浜植物が踏み荒らされ、困っています。
ウミガメの足跡はキャタピラの跡に似ているのですが、重機のキャタピラなので残念です。
2017年6月23日
ウミガメみつけ隊出発  アカウミガメの上陸跡を探して白塚海岸を歩きました。残念ながら見つける事は出来ませんでしたが、ひばりやうぐいすの声をききながら砂浜を散歩する夏の夕暮れは良かったです。  
参加者は4名 でした。
参加者には手作りマスコットキャラクター、かめっちプレゼント🐢
2017年6月21日
低気圧の影響で海が荒れたので様子を見にいきました。海浜植物が生えている所まで波が打ち寄せています。海水も風と一緒に雨のように吹きつけます。しかし今回は流木やゴミの漂着が少ない!木曽川、長良川、揖斐川付近に雨が降っていないのだろうと思いました。
2017年6月18日
海岸清掃です。今回は野鳥の会の林さんに観察会をしていただきました。卵を抱いているシロチドリを見ました。白塚ウミガメクラブの森下さんにウミガメの話をしていただきました。
シロチドリの邪魔にならないように波打ち際のゴミだけ拾いました。お昼はスイカとピラフとサラダでした。
参加していただいたみなさま。水ing宮森さんクボタ環境サービス荒澤さん日立造船田中さんメタウォーター西濱藪建設鈴木さんその他お手伝いいただいたみなさん。合計30名  ありがとうございました。

2017年6月15日 白塚海岸のハマヒルガオが新聞にて紹介されました。(中日新聞・ふるさと新聞)

2017年6月14日
シロチドリ観察 偶然にもシロチドリの巣の跡を見つけました。壊れた貝殻や小石が敷き詰めてありました。
2017年6月13日
シロチドリの観察をしました。成鳥を8羽確認しました。
経ヶ峰に沈む  夕陽白塚海岸は東の海から朝陽が上り、西の山に夕陽が沈みます。

 5月18日 第三日曜日午前9時から12時まで海岸清掃を行いました。

看護師さんを目指す学生さんたちが参加をしていただき賑やかな清掃となりました。

 ごちそうさんは、よもぎもちをつきました。ハイ・ハイ・ハイ。よもぎは「こんなにもたくさん入れてもいいのか?」というくらい一杯入れましたが、丁度いい具合になりました。おいしかった。

 ある秋の日の海岸清掃後の「ごちそうさん」は「熱熱味噌煮込みおでん」でした。

 

5月18日午前9時から海岸清掃をおこないます。お手伝いをよろしくお願いします。

今回の ごちそうさんは「よもぎもち」です。砂浜で餅をつきます。

 

 5月22日 夏らしい天気になってきましたね。

白塚の浜にはハマヒルガオが咲き始めています。

ぜひ見に来てくださいね。

海岸に松枯れ目立つ

2月

昨年の台風等で強風の塩風が吹き付けたのか弱っていた松の松枯れが約10本、堤防を散歩したりランニングをしたりする人に危ないので桜橋にある県民局の海岸管理課に松の伐採を要望しました。

堤防際の雑草の刈り取りも要望をしました。

海浜植物の芽が出やすいので草刈りは春先がいいと思います。

 4月25日午後3時

日本ウミガメ協議会代表の亀崎氏の講演会

亀崎氏には私が活動を充実させる一言をいただきました。

その一言は「白塚海岸がいい海岸というけど、どういうふうにいいのですか?」「具体的に示さないと分らない」とのことでした。そこから白塚海岸を知る事が始まりました。

感謝しています。

3月15日(第三日曜日)

海岸清掃をしていたらミミズクを連れて、堤防を散歩をする人に出会いました。ギョエー

どないだ!

2015年5月のある日

4月に除草した時の残りの雑草を抜く。

雑草は主に「葛」「テリハノイバラ」これはテリハノイバラの根ですが、スコップで掘るが、途中で切れてしまった。手ごわい。おばさん3人組は頑張りました。

2015年5月17日(第三日曜日)

今日は嬉しい一日でした。今年の目標参加人数15人を大幅に超えて50人参加でした。ありがたいことです。

当日のスケジュール

9時 みなさんの紹介と専門家秋田さんのカワラハンミョウのお話後除草作業。地道にコツコツと。忍耐力を付けるにはもってこいです。10時45分から人工物のゴミ拾い。11時30分みんなでお昼。12時終わり。ゴミも少なくいい一日でした。

2015年5月17日

今回のお昼は、山菜おこわとイタドリのきんぴらと煮物、デザートはヨモギのホットケーキでした。



マッチ擦ったことありますか? 

できました。


ハマヒルガオも咲いています。

シロチドリも子育て中でした。近寄らないように皆さんにお願いしました。

 

第一回、ウミガメみつけ隊 6月13日

午後6時から白塚漁港出発です。

これから河芸漁港まで1.5kmを歩きながらウミガメの足跡と母亀を見つけに行きます。

残念ながらどちらもみつけられませんでした。残念。

           また今度。

砂浜に開いた無数に開いた5cmほどの穴。

住民は スナガニ 夜になるとでてきます。

目が飛び出て透き通った感じです。

第三回、ウミガメみつけ隊 6月27日

夕焼けの雲が綺麗な日でした。

ウミガメも足跡もみつけられませんでした。

2週間前に栗真町屋町海岸で産卵があったので期待をしていましたが残念です。


ウミガメみつけ隊 

今日は、三重大学生10名参加していただきました。

楽しいひとときでした。

 

ウミガメみつけ隊 

スナメリの死骸を見つけました。

 

6月の海岸清掃は中止にしました。

天気が微妙で、決行としましたが開始時間の9時過ぎになると雷が鳴り始めたため中止にしました。海岸には松しかなく逃げる場所が松の下になります。雷を避けるには危ない場所です。

天候が悪い日が続き漂着ゴミが海岸全体に多量に打ち上げられていたのでどうしても清掃をしたかったのですが、残念でした。ウミガメの産卵時期です、そしてウミガメは綺麗な砂浜に産卵に来ると私は信じています。

 

7月19日第三日曜日午前9時から12時まで無事海岸清掃ができました。

天気の悪い日が続いていたので砂浜にはたくさんの流木が一面に打ち上げられていました。今回は外来種の除草作業と漂着ゴミの清掃にしました。

かわいいい女の子もお手伝いをしてくれました。


 

7月は白塚海岸ではアカウミガメの産卵があります。きれいになった砂浜にアカウミガメが来てくれるといいですね。

 

 

もう一つの作業は相変わらず地味ですが、外来種の除草作業です。

いつも思いますが、草抜きは忍耐を付けるのには一番の作業かも?


 

 

海岸清掃に協力頂いたみなさん。

電話を頂き、個人で参加をして頂いたみなさん。と

会社や学校で参加をして頂けるみなさんも増えてきました。今回から紹介をしていきたいと思います。

「日本キャボットマイクロエレクトロニクス(株)」「極楽湯(株)」「宇戸平工務店(株)」「ダイワ空調設備(株)」「ダイワ空調・三重水熱JV」「近畿電設工業」「アイケーディ(株)」「杉浦高圧(株)」敬称略

後藤さん浦野さんなど総勢32名のみなさん暑い中ありがとうございました。

 お昼はすいかでした。毎年西口が作ったスイカをみなさんに食べていただくのですが、今年は6月の雨が長く出来が悪く残念でした。

 8月はお盆もあり何かと忙しいのでお休みをします。9月にまたよろしくお願いします。

 


 

 

 

9月20日(第三日曜日)海岸清掃と外来種の除草作業を行いました。お手伝いをありがとうございました。

 


 

 

 

チラシを作って参加者を募りました。

たくさん来ていただけると嬉しいです。

 


 

 

 

10月18日 今日は天気も良く絶好の海岸清掃日和です。

今日の予定は、9時から10時まで海岸清掃。10時から11時30分までバッタ調査。11時30分から12時までお昼です。そして12時解散です。

 


 

 

 

バッタ調査には、老若男女の方々が参加してくれました。

定員30名のところ倍近くの58名に参加をしていただきました。ありがとうございました。

調査範囲は、以前空き地状態のグランド(200m×50m)の範囲とその前面に広がるの砂浜の範囲の2個所です。

 


 

 

 

一時的に眠らせて、種と数を確認します。

バッタは産卵期を過ぎているため腹部はスカスカでした。

しばらくすると、動き出し逃げていきました。

調査結果はまだ出ていません。

ヤマトマダラバッタが多かったようです。

 


 

 

 

今回は、パンとシチューです。

いつもながらおいしいよ。

天気もいいし美味しさ倍増でした。

 


 

 

 

11月18日

白塚海岸に大きなウミガメの死骸が打ち上げられていました。海水でふやけていました。

 

 

 

 

 

お手伝いをして頂いた方々。マツオカさん、ハットリさん、ナカタさん、アイケーディ(株)、阪組(有)、近キ電設工業のみなさん

まだまだ他にたくさんの方々がお手伝いをしていただきました。

ありがとうございました。また11月15日(第三日曜)午前9時から海岸清掃を行います。お手伝いをよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

11月15日海岸清掃を行いました。

名古屋外国語大学の学生さん、アイケーディ(株)さん、宇戸平工務店さん、ダイワ空調さん、近畿電設さん、久能さん、植田さん、その他のみなさん、ありがとうございました。

 

 

 

いつも、おてつだいありがとうございます。

 

 

 

今回は、焼きそばと白塚浜鍋、おいしかった。

仕事の後は100倍おいしいよ。

また来年も頑張りますので、よろしくお願いします。

2016年は2月21日(第三日曜日)から始めます。

海岸清掃は、グループでもおひとりでも気軽に参加いただけます。お気軽に連絡を下さい。(仕事中は電話に出れない場合があります)

 

 

 

 

2016年今年もよろしくお願いします。

2月21日、今年始めての海岸清掃です。

自然豊かな白塚海岸を未来に受け継いでいきます。よろしければお手伝いをお願いします。

おひとり様、1回限り様大歓迎です。

3月は20日です。

レジンペレットやビニールの破片・プラスティックに目を  

               向けた清掃をします。

問い合わせ先 西口 09076052102  (仕事中は電話に出れないことがあります。)

 

 

 

 

 

3月20日海岸清掃

海岸清掃というと、ゴミ袋を持ってゴミを拾うというイメージが多いですが、今回はプラスチックの破片やレジンペレット等小さなゴミに目を向けました。

とっても地味なゴミ拾いとなりました。

地味なゴミ拾い

小さなゴミなので、拾った充実感無いのはさみしいので、ゴミで絵を描いてみました。

色画用紙にボンドでゴミをくっつけました。

各自好きな場所で作品作りをしました。

案外面白い。

だいぶ出来上がってきました。

ジャアーン

みなさまありがとうございました。

参加頂いた方々(敬称略) JA三重信連労働組合・シンフォニアエンジニアリング・日本土建、三重農林JV・学生山口さんと仲間その他個人・家族・合計25名。お手伝いをありがとうございました。

 

あまりにも素敵な作品が出来上がったので、アスト津に1週間展示しました。

4月の風景

4月29日

シロチドリが巣を作って卵を産む準備をしていましたが、犬の散歩や人の散歩等で巣を放棄してしまいました。犬の放し飼いは特に影響が大きいです。巣の放棄は数回確認されています。残念です。

4月17日は風雨が強く海岸清掃と観察会は中止になりました。

来月よろしくお願いします。

5月15日

海岸清掃とシロチドリ観察会

本日は野鳥の会会員の林さんを講師に迎えシロチドリの観察会をしました。

卵を抱くシロチドリを観ることが出来て感激です。無事に孵化しますように。と願いましたが、犬の散歩等人的被害で営巣を3箇所放棄してしまいました。

4月から8月の間はシロチドリの産卵孵化期です。散歩は波打ち際を歩いて下さい。

                       お願いします。

6月19日(第3日曜日)

海岸清掃 途中から雨でしたがゴミ拾いをしました。17名参加です。ありがとうございました。

7月17日(第三日曜日)

海岸清掃をしました。

参加者は21名でした。

ありがとうございました。

白塚海岸 バッタ調査

講師に昆虫談話会の川北氏を招いて行いました。

10月16日午前9時から大人28人で虫取り網を持ち、ただひたすらバッタを追いかけ続けました。結果は、準絶滅危惧種のヤマトマダラバッタを72匹捕獲しました。

ヤマトマダラバッタは良好な砂浜に生息する昆虫です。これで今年も良好な砂浜の環境が残っていると証明されました。

毎月の海岸清掃と外来植物の除草が砂浜の自然環境の保全に役立っていると確信しました。

バッタは薬剤で麻痺させたのちに、回復後放しました。皆さんご苦労様でした。来年もよろしくお願いします。

2017年2月19日

ゴミ拾いと除草作業をしました。

お手伝い頂いた方 日立造船・田中さん 藪建設・中平さん メタウォーター・石井 水ing・柿山さん 常山さん 太田さん 中根さん 森下さん 米川さん 川添さん

ありがとうございました。

今年も一年間頑張ります。

白塚海岸をよろしくお願いします。

海岸清掃に参加していただける方は、09076052102(西口)まで、お電話をおねがいします。おひとり様1回限り大歓迎です。常連様になっていただけると大大感激です。

2017年4月16日海岸清掃とシロチドリ保護の看板を作成し立てました。できは上出来

今回は1個の営巣が確認されました。無事に育ちますように。

お手伝いを頂いた皆さん。藪建設(中平さん、西山さん)メタウォーター(石井さん)クボタ環境サービス(株)(水野さん、北川さん)日立造船(株)(田中さん、座間さん)水ing(宮森さん)あと個人で参加いただいた方々総勢27名のみなさん。ありがとうございました。最近はおひとりで参加される方の電話も頂けるようになり本当に感謝しています。

4月16日日曜日海岸清掃報告   そろそろシロチドリの繁殖時期に入るので今回の清掃は波打ち際の裸地に漂着した人工ゴミを拾いました。シロチドリの確認はできていませんが、海浜植物の群生地には入らないように注意しました。その後啓発の看板を作り、海岸の出入り口や昨年の繁殖区域に立てました。看板は手作りで小さい物にしました。「みなさん、これから7月までシロチドリを見守って下さい。お願いします。」

5月21日海岸清掃 今日は快晴で暑い中ゴミ拾いと除草作業ご苦労様でした。

砂浜には、沢山の藻が打ち上げられていました。そこで急遽、絶滅したとされていた、ハマベゾウムシを発見された、昆虫の専門家の乙部さんにハマベゾウムシのお話しをしていただきました。

お手伝いを頂いたみなさん。クボタ環境サービス(株)(水野さん)日立造船(株)(原さん)水ing(宮森さん)藪建設(黒川さん、中平さん)メタウォーター(西濱さん)あと個人で参加頂いた方々総勢30名。暑いのにありがとうございました。

6月9日
そろそろシロチドリの繁殖が始まりそうなので観察を続けています。
その時に散歩をしている人が「ここにシロチドリがおるんやてなぁ、書いてあったわ」と話かけられました。
看板の効果がありました。お手伝いくださったみなさん、やりました。ありがとうございます。
波に流されないように頑張るハマニガナ