ー最新の活動予定ー

7月21日(第3日曜日)は海岸清掃です。

外来植物・オオフタバムグラの除草作業

午前9時~11時まで除草作業。その後、浜メシで懇親会、11時30分解散。雨天中止  ご参加よろしくおねがいします。

・オオフタバムグラとは、アカネ科オオフタバムグラ属。北アメリカ原産の帰化植物。海岸や河川の砂浜に生育する。7月~9月にかけて花を咲かせる。伊勢湾内の砂浜でもオオフタバムグラの群生地が多数みられる。群落になると緑の絨毯のように覆い尽くし、砂浜特有の生態系に悪影響を及ぼしかねない。

・オオフタバムグラの群生地化を防ぐには除草あるのみ、と考えています。

 

今年は海浜植物を原色ドライフラワーで再現予定

海浜植物は字の如く砂浜に自生する植物です。夏の暑さ、塩害、水不足に強い植物ですが、なかなかみなさまにお見せする機会が少なく、もどかしく思っていました。そんな時、海岸清掃にいつも参加してくださる川添さんに「原色ドライフラワー」という物があることを聞き、これだ!と直感。

今年は「海浜植物原色ドライフラワー」を作成し、多くの方々に海浜植物の可憐な姿をみていただきたいと思います。夢は、県庁・市役所・博物館等たくさんの人が来る所に展示をすることです。そのことが、伊勢湾に残る砂浜の保護につながればと思っています。

             カワラナデシコ